ゆっくりとした時間を

新しい年の始まりに、恒例行事として初詣に出かける方は多いことでしょう。具体的にはお参りをして帰ってくるだけですが、なぜそこまで人は初詣に行きたくなるものなのでしょうか。それは、やはり年始特有のゆっくりとした時間を堪能しに出かけているのではないでしょうか。いつもとは違う新年の雰囲気のする町並みを堪能したり、屋台をのぞいたり、たわいない会話をしながら初詣の道中を楽しむというのが本当の目的のような気がします。一か所だけではなく、わざわざ遠出をして何か所もお参りをする方も多いことでしょう。ちょっとした観光を兼ねて、また旅行もかねて行うのも楽しみのうちの一つですね。もちろん、一年の初めにお参りをして、身を引き締めるのも大きな目的のうちですが、無宗教派が多いとされる現代の日本において、初詣はコミュニケーションの一部であり、団らんのひと時ではないかと思われます。来年のお正月も、ゆっくりとお参りを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です