1257503c24978b8a6a6ce207dec43ed8_m

初詣での楽しみ方は

初詣は、新年になって神社や寺院に参拝して1年の家内安全や無病息災などの願い事をする行事です。1月を代表する風物詩として、今では全国で定着する行事となりました。
基本的には神聖な行事ではありますが、マナーをしっかりと守っていれば様々な楽しみ方ができます。1年に1度だけの一大行事となるため、忘れられないような思い出を作ることもできます。

東京の明治神宮に行けば、巨大な賽銭箱を見ることができます。
地元の小さな神社に参拝をした後には、全国的に有名な神社や寺院で初詣をするという楽しみ方もあります。地元の鎮守となっている神社などでお参りをしてからであれば、後は好きな神社や寺院でお参りしても問題ありません。

明治神宮の参拝者数は、全国一となっているため、賽銭箱というよりは巨大な仕切りが作られているのです。他の神社とは全く違う賽銭箱ですが、多くの人の願いが込められているのは同じです。

初詣の時期は冬ですから、参拝をするときには体中が寒く感じることも少なくありません。参拝者の体を温めるために提供されるのが甘酒ですが、場所によって味も違います。賢い楽しみ方を実践するために、複数の神社に参拝して門前などで提供されている甘酒を飲むこともおすすめです。

初詣をするために神社仏閣へ訪れて、甘酒を飲むことを楽しみにしている人も少なくありません。甘酒は、本来は夏の飲み物ですが、最近では寒い季節の飲み物として定着しています。初詣のときに甘酒が振る舞われることが多くなったため、甘酒を飲む文化にも影響を与えた結果です。

初詣の楽しみとして欠かせないのが、おみくじを引くことです。
おみくじを引いて1年間の運勢を占うことができます。おみくじで大吉などが出れば、気分は最高になるはずです。悪い結果が出るのが怖くておみくじを引かない人もいますが、大凶は滅多に出るものではありません。

おみくじの結果で人生が左右されるわけではないため、気にすることはありません。おみくじで悪い結果が出たときには、他の神社でもおみくじを引いて大吉を出すという楽しみ方もあります。

川崎大師や伏見稲荷大社などのように、門前町があるような神社や寺院では初詣の後には買い物を楽しむこともできます。明治神宮で初詣を済ませたあとには、表参道や原宿でショッピングを楽しめます。表参道は、本来は明治神宮の参道です。初詣が最盛期となる三が日には、各地の神社や寺院に露店が立ち並びます。

各地で露店めぐりをすることも、初詣の賢い楽しみ方です。

注目サイト

犬のケージで組立簡単
簡単に組み立てることができます

民泊の法律関連記事を一同に集めました
民泊ニュースの法律関連まとめで動きを知る

ドローンレンタルで本格的な空撮にチャレンジしてみる?
ドロレンなら長期レンタルもできちゃいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です